手話の方言、またその意味

28 3月

「ろう」、「聾」、「ロウ」、「つんぼ」、「ろうあ」、「聾唖」、
「聴覚障害者」、「ハンディキャップをお持ちになられるお客様」

日本語の中にある色々な表現をならべてみました。

ろうを表現する言語表現。

この言語表現の違いは手話にもみられ
日本のろうの世界でも「ろう/難聴者」を表現する手話がたくさんあります。

今回は「手話の方言」を紹介し、「その意味」について考えたいと。

近代テクノロジーに感謝。
インターネットなしではなにも出来ませんよ。
まずはこちらを。(「学校」を手話で色々、それから「曜日」の手話を色々)

つぎはこちら(「水」の手話を色々、紹介しておられます)

素敵ですよね。
色々な手話をみていると
この手話はどのように定着されていったのだろうかとかという
いろいろな想像が膨らんで行きますね!

つまりこの動画からわかることは
月曜日から日曜日までの手話は大きな街の方などにいくと
標準化されています
(標準化された手話というのはみんながよく知っている、学校で教えられる月曜日から日曜日の手話のことです)

地方の方などにいくと、手話はまちまちでまばらだということが分かり
まさに定着されるか、定着されないかといった
クレオール化される、言語ユニットとして定着される/されないのライン
あるということが分かります。

(なので地元で手話通訳をやっているという人達は
地元の手話を熱心に勉強してされている方がおおいようにおもいます。
この傾向は東京や大阪から離れると離れるほど
その傾向がつよくなる気がしています。)

またこのクレオール化というプロセスには
ろう学校などの学校機関が言語を定着させる場所として
重要であることが多くそれは日本でも例外ではありません。

悲しい事に、他のページで書いたようにミラノ会議の影響や手話に対する偏見でろう学校では手話そのものが推奨されずじまいでした。

このように手話は、社会的側面、言語学的側面、文化的側面からみても
否定されつづけてきました。

つい最近になって、手話を推奨する動きは盛んになってきましたけども。
で、気になっていることなんですけど
「方言」っていう言葉はちょっとここに当てはまらないような気がします。
といっても、一般に考えている「方言」っていうのは

1)一定の地域社会で話される言語、
一つの言語が地域によって別々に発達していき
音韻、文法、語彙等の上で別々に言語体系をなす

という風に理解しているかたが多いかと思います。

それ以外にも
2)共通語以外に地方で話される特有の言葉
3)特定の階層に用いられる独自の言葉

このように特定の階層の例のように
つまりDeafHood(デフフード)「ろうであること」という共通の状態(コンディション)
(この場合身体的条件として触れておきますが)
特定の条件がそろった場所だったり
特定の民族だったり
特定のコンディションがそろった状態

言語が発達すると、「独自の言葉」になります。
みなさんこのことを聞かれると、え?っていう反応をされる方がおおいです

ジェスチャーは?
キュードサインは?
手話のようなコードサインは?

世界中の手話研究者達が、様々な分野で、手話のリサーチを頑張ってきてくれたおかげで
今ではずいぶんといろいろなことが分かってきています。
例えば、アメリカの指文字はもうすでに意味をもった形態素として意味定着され、
一つの手話として見なされてることとか

キュードサインでは手話のように空間内でのユニット化が起こりにくいということや
手話にはモダリティー差異をもついう複雑な特徴を持つがゆえに
音声言語と同様に複雑な体系をもつ言語であるということが証明されているということ。

まぁ、ともかく今は、
手話の方言には
「この共通の意識をもつグループが集まる事によって発達された言語」というイメージがあるということを

皆さんには知ってもらいたい。

そして昔のろう者は(昔は寮暮らしをされている方がほとんどだったので)
ろう学校に通っていらしたし

自然にそれぞれ学校寮の中で方言手話を発達させていったということが予想されます。
当時は親が手話を知らないというケースがまだ多かった時期でしたので
ろう者同士でコミュニケーションとるという機会も多かったそうです。

いくつかの文献が言っているように
言語と文化は切っても切れない縁であるというのは本当ですね。

このように手話の方言などがyoutubeなどに
アップされると即チェックするようにしています。

手話を勉強しておられる方は
また身近にいるろう者の方に
方言手話で、「これはどうやって手話するのー?」って聞いてみてください。

すこしでもあなたの共感もらえると嬉しいです。

では。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。