Archive | ろうについて RSS feed for this section

コーダについて

8 3月

コーダとは英語の略語CODAからきています。

Children of Deaf Adultsで、ろう親を持つ子供という意味になります。

 

ろうコミュニティの中で、CODA(コーダ)は耳が聞こえない親を持つ聴者の子供という意味で理解されているのですが

英語の直訳を見ると「ろう親を持つ子供」となるのでその意味で理解すれば、ろう児もコーダになります。私はコーダと言われたら、一応、聴者だよね?と確認を取るのですが、だいたいが聴児でろう児だったことはないです。ろう児だったらコーダという言い方をせず、ろう児っていうのがほとんどだと思うので、まぁ、それも驚くことでもないのですが。

コーダの誇りというタイトルの映画、時間のある時にご覧ください。

この映画はラチェルというコーダの子が全米高校映画コンテストのために作ったもので

みごとに優秀作をいただいたものだそうです。

以下、日本語訳です

 

(音のない状態で映像が流れる)
これはサイレントムービーではありません
これがどのようにしてろう者がこの世界を理解しているかなのです。
全てが視覚的で、雑音、色々な声、音はありません。

スクリーンショット 2016-03-07 13.15.48

私の名前はラチェル・ベアー、14歳
私の兄 ヤコブ、そしてサラという妹がいます。
そして私の耳が聞こえない両親、ジュリーとジョーイ
スクリーンショット 2016-03-07 13.21.11.png
私の兄妹はCODA(コーダ)
コーダとはChildren of Deaf Adultsの略語です。
ヤコブ、サラ、私はコーダとして、ろうコミュニティの中にいる多くのろう者と出会ってきました。
ベイエリアにあるろうコミュニティは広く、だからコーダのコミュニティーもそれに伴って存在しています。
 らt
コーダの誇りにもいろいろあって
例えば、マイケル・ベレスとシェリー・ヒックスによるハーフハーフのデュオに見られるソングーサイン(song-signing)
ハーフハーフとは半分が聴者で半分がろう者ということ
ではコーダのあり方について説明してくれるマイケルさんを紹介しましょう。
スクリーンショット 2016-03-07 14.18.27.png
こんにちは、僕はマイケル・ベレス コーダとして誇りを持っています。
コーダのことについて知っていない人が多いでしょう。
でも僕たちは
僕たち自身のことについて
このユニークなコミュニティーについて
誇りを持っています。
今日は君たちにそのことについて色々教えてあげるよ。

言語について

僕はコーダとして、アメリカ手話の中で育ってきたんだ。
アメリカ手話が第一言語で、英語が第二言語
ほとんどのコーダがバイリンガルで育ってきて
二つのコミュニケーションモード、つまり英語とアメリカ手話を日常で使っているよ。
スクリーンショット 2016-03-07 14.27.02.png
(ダンテ・ブルックス君)
僕の両親は(僕に)アメリカ手話を教えてなきゃいけなかったんだ。
でなきゃ、コミュニケーションが全く取れなかったからね。
もし教えてくれなかったら、もっと難しかっただろうね。
だって僕が覚えた最初の言語は(英語でなくて)アメリカ手話だったからね
スクリーンショット 2016-03-07 19.40.46.png
(ジャクソン アンダーソン コバック)
普通の人が英語を学んで育つように、アメリカ手話を学んで育ったんだ。
スクリーンショット 2016-03-07 19.40.27.png
(ダニエレ・モイヤー)
(アメリカ手話を)学習した覚えなんてないわね。
ただ、二つの言語を知っていて、そうやって育ったということは覚えてる。
これでアメリカ手話がわかる、英語がわかる、みたいな、そうやって気づいた瞬間なんてなかったわ。二つの言語を知っていて、そうして育ったのよ。
(ダンテ・ブルックス君)
ひとつ以上の言語を知っている今
普通に話すこともできるし、アメリカ手話を使うこともできる
ろう者とコミュニケーションをとるとき、 ろう者と話すときもやはり普通に話すことができる
それはやはり(僕が二つの言語を)両方知っているから

二つの言語の間で

スクリーンショット 2016-03-07 19.57.10.png
 (マイケル・ベレス)
 二つの言語を知っていることについてだけど、個人的にはアメリカ手話を使う方が好きで
それは如何してかというとやはりそれはアメリカ手話が僕にとってネィティブ言語だから
それは、英語と比べて、明らかに自然な成り行きだし
やはり一番使っていて心地がいい。
使っている時が一番、自分らしさを出せる。
それに(使っている時は)英語を使うよりも自分らしい様々な表現ができる。
スクリーンショット 2016-03-07 19.58.56.png
(ダンテ・ブルックス君)
英語よりもアメリカ手話を使う方が好きなんだ。
だってアメリカ手話が第一言語だし、使っていて心地がいいんだ。
スクリーンショット 2016-03-07 20.00.10
(ジャネット マックスウェル)
英語は社会的に使う言語です。でも手話は手話通訳者として職業的に使う言語です。
そして私にはあれよりもこれがいいという好みの言語がありません。
二つの言語を使って、コミュニケーションをとるということを楽しんでいます。
五分五分といったところかしら。
スクリーンショット 2016-03-07 20.06.51.png
(ジャロッド・モイヤー)
僕が思うに、英語かアメリカ手話を使う状況によると思うんだ。
友達と一緒にいる時は英語を使うだろうし。
スクリーンショット 2016-03-07 20.10.45.png
(ジェシカ・スマリオ)
私の兄弟は聴者だし、一緒にいる時は話すわ。
でもお父さんが部屋に入ってきたら、手話で話し始めるわ。
好みの言語なんてないわ。
でも私の育った環境と言語を見れば
(ジャクソン・アンダーソン・コバック)
僕の友人たちの多くは聴者だし、彼らはアメリカ手話なんて全く知らないよ。でも僕にとってはアメリカ手話を使う方が好きだな。自分らしい表現ができるし。

手話やろう者を知らない聴者たちのリアクション

(マイケル・ベレス)
コーダとして手話は自然なことなのです。私たちは日常生活で手話を見ています。
でもろう者にあったことのない聴者からにしたら、ろう文化について全く知らないし、手話についても全く知らないでしょう。だから彼らからにしたらそれは心地が良くないものかもしれません。
また、彼らの初めてろう者にであった時の彼らのリアクションは本当に様々でしょう。
(ジャロッド・モイヤー)
僕の両親がろう者だってわかったら、いつも色々聞いてくるんだ。
どうやってテレビを見るの?どうやって車の運転をするの?みたいな
(ジェシカ・スマリオ)
あ、ゴメンなさいって謝られるか、色々聞いてくる人もいるわね。
スクリーンショット 2016-03-07 20.34.02.png
(ジャネット マックスウェル)
点字が読めるの?
運転できる?
本当に見当違いの質問をしてくるのよ
私の両親には全く関係のないことなのよ。
手話について全く知らなくて、バイリンガルとは何かについて全く知らない人たちの考えることよね。
(ジェシカ・スマリオ)
聞いちゃいけないことを聞いたと思って
ゴメンなさいって謝ってくる人もいるわね
それでそれ以上何も聞いてこないのよ
(ダンテ・ブルックス君)
(変な顔をする)こういう風にリアクションすることが多いよ
スクリーンショット 2016-03-07 21.18.51.png
(ミキタ・バンダー・コートーエストラダ)
ほとんどがびっくりしたリアクションをする
だって私の(学校の)成績がいいから
ほとんどの人はろう者があんまり物事を知らないと思ってるの。

偏見

スクリーンショット 2016-03-07 21.28.05.png
(マイケル・ベレス)
ろう者に対するステレオタイプを持っている人は沢山いる。
多くの聴者はろう[deafness]を障害としてみなす。
ろう者たちは他の人たちと同様にコミュニケーションをとることができないと思っている人が多いのです。
でも実際ろう者であるということはそのように限定されていることではないのです。
彼らはろう者かもしれないが、だからと言って「静かな人」[silent]ではありません。
(ジャロッド・モイヤー)
自分の親が受け身だと思った事なんてないよ。彼らは自分の意見を持ってる。
両親ともに大学卒だし、良い教育を受けている。
(ダニエレ・モイヤー)
お母さんもお父さんもシッカリした人よ。
スクリーンショット 2016-03-07 22.00.28.png
(ミキタ・バンダー・コートーエストラダ)
ろう者だからと言って、馬鹿なわけじゃない。
私のお母さんは数学が得意で、私に数学を教えてくれるの。
(ジェシカ・スマリオ)
私のお父さんはとても賢い人よ。
大学へ行ったし、コンピュタープログラマーなのよ。
お母さんだって教育を受けたし
彼女自身で暴力を受けた女性のための非営利チャリティーだって作ったのよ。
彼女は全米で暴力を受けたろう女性のための声になってるのよ。
絶対にろう者だから受け身ってなわけじゃないわ。

二つの文化の中で生きる〜コーダという集族

スクリーンショット 2016-03-07 22.16.18.png

(マイケル・ベレス)
コーダであるということは
僕にとって集族の一部であることなんだ。
言語と文化に富んだ集族
そしてそれは(その集族は)僕の魂に根付いているんだ。
それはずっと変わらないことなんだよ。
無視できないことなんだ。
スクリーンショット 2016-03-07 22.17.16.png
(ジャクソン アンダーソン コバック)
聴者とろう者の両方の二つの文化に僕は属している。
それってすごいことだと思うんだ。
スクリーンショット 2016-03-07 22.22.52.png
ジャネット マックスウェル)
コーダであるということは私にとって重要なことよ。
自分の親を誇りに思う機会を与えてくれたわ。
おじさん、おばさん、従兄弟、そしておじいちゃんおばあちゃんもね。
みんなお母さん側の方でろう者なの。
だから自分の家族と繋がることができたし
それは自分の両親との繋がりについてもそうなのよ。
だから自分がコーダであることに誇りを持っているわ。
スクリーンショット 2016-03-07 22.24.38.png
それは聴者の世界でコミュニケーションをとるだけでなく
ろう者の世界においても(コミュニケーションをとるのを)助けてくれる。
スクリーンショット 2016-03-07 22.32.09.png
(ジャネット マックスウェル)
それに私はコーダであることを名誉に思う。
私たちのような人は多くないし、狭いコミュニティーの中だから
ろうコミュニティは密接につながっていて
私が思うにコーダ達も同様に特色を持ってつながっている。
私たちが作っている絆や繋がりは
親がろう者であるということや
同じような経験を共有しているから。
だからコーダであることを誇りに思う。

共有した経験

(マイケル・ベレス)
だから、もちろん
私たちはろう者の親を持つがゆえに
ユニークで、似たような経験を共有している。
(ジャクソン アンダーソン コバック)
時々、僕の義理の父がラジオをつけて踊り始めるんだけど
それがある時、ただの雑音だったんだ。でもそれでも彼は踊ってたんだよ。
ジャネット マックスウェル)
ろうの両親とろうコミュニティはとても近いもので、つながっているのです。
だから社会的な交流の場で、親が(友達と)あった時、なかなか帰らないのよ。
それは『ろう者式のサヨナラの仕方』[deaf goodbye]って言われてるの。
で、私の親はいつも「五分したら行くぞー」っていうんだけど
二十分経ってもまだいるのよ。
それでまた「あともう少ししたらいくぞー」っていうの
それで私たちが(コーダ)「早くしてよー」っていうんだけど
「わかった、わかった、あともう少しだから」って…
スクリーンショット 2016-03-07 23.02.22.png
(ダニエレ・モイヤー)
時々私のろうの両親についての面白い話をする時
どんな感じかって?
いつもこんな感じ。
私の親が通訳を頼んできたとき
でも私は通訳が全然ダメで
特にウェイトレスさんに対して
時々、お母さんがご飯にいちゃもんをつける時があって
でも私はこれが嫌で
だから私は「彼女はちょっと違うものが欲しいみたいです」
っていうの。
曖昧に言うんだけど
でもウェイトレスさんは
お母さんの(ご飯に対する)表情をはっきりと見れるわけよ
でも私は冷静に「おねがいします」って
ウェイトレスさん、またお母さんの怒った顔を見て、
私が「はい、お願いします」っていうのを見て
ウェイトレスさんが混乱してるのがわかるんだけど
でも仕方ないわよね(笑)。
スクリーンショット 2016-03-07 23.01.45.png
(マイケル・ベレス)
いつでも私たちはろう文化を、そして私たちのコーダとしてのアイデンティティを大切にしています。

 手話で自己紹介 そしてエンディング

(それぞれが各自、手話で自己紹介)
(場面変わり、三人のコーダの子供が音声英語で会話
親が部屋に入ってきた途端、みんなが手話に切り替える)

 

 

 

 

Cartoonist: Osamu Yamamoto, Harukanaru-Koshien(遥かなる甲子園)

22 4月

There was a deaf school that ran for just six years (1977-1983) in Okinawa; Japan.
The name of the school was the Kitashiro School for the Deaf.

The rubella children in Okinawa during 1960’s, as explained by Karen Nakamura  in her book “DEAF in JAPAN:Singing, Policies, and identities”, (Nakamura, K. (2006), 66-88 page) result from an epidemic called rubella which spreaded widely into the United States. At the same time, Okinawa had some cases, and recorded 300 babies with multiple disabilities from the Rubella virus may be (the cause for the symptoms: contract, deafness/hearing loss).

The Kitashiro School for the Deaf was established as a countermeasure by the Japanese government with the sudden increase in number of deaf children falling behind in academic competition at mainstream schools.

So that school just ran for six years.

The school became well-known as a model of the fictional school, named the Fukusato School for the Deaf by Osamu Yamamoto’s comic book, Harukanaru Koshien(遥かなる甲子園)

According to Nakamura (page:68) Harukana Koshien also means “roughly, Koshien[Stadium] ever so far away”,

A cartoonist, Osamu Yamamoto is also well known for an another of his cartoons called Wagayubino O-kesutora(我が指のオーケストラ)  Surprisingly, the books were already translated in French! http://minamiruruka.seesaa.net/article/99126205.html) and I could not find any original link for those books. To find the link, knowledge of French Language might be required.  Anyone interested in finding this info,  let me know?)

Anyway, the original story for the book, Harukana Koshien was written by Ryoya Tobe in 1980.

What made this story special?
Because deaf children from the rubella epidemic (風疹児) in the 1960’s entered the deaf school and aimed for the national summer baseball competition because most deaf players already played with hearing kids in mainstream schools.

As the text in the upper frame shows, deaf people weren’t allowed to play because of section 4 of the School Education Law, and people were strongly opposed to the deaf school attending the summer baseball competition, saying “its too dangerous”. Thus, deaf students had to give up their eligibility for the summer baseball competition.  It is what happened during the 1980s to 1990s.

In the website called deaf people in Manga(マンガの中の聴覚障害者) it explains that the cartoon writer, Osamu Yamamot himself appears on the book, and describes how he learned about this story, and he said

“This is not just a matter of playing baseball”

Yamamoto even wrote it in his book.


(The man on the swing is Osamu Yamamoto, telling his friend “This is not just a matter of playing baseball” from the 9 volume. 142 page by Osamu Yamamoto)

続きを読む

Lance gives a dream to Japanese Deaf Basketball Players

14 4月

Please visit deafathletejapan (English Version)

There is the article about a pro deaf basketball player, Lance Allred.

Kaori Okamoto, the popular deaf blogger shares with us an interview given by Lance before one of his games.

Deaf basketball players meet with Lance!(In Japanese)

Here is the Japanese Deaf Basketball Association’s Fan Page, for follow up events 🙂

Japanee Sign Language in Anime [Japan]

11 4月

Have you heard of Hatsune Miku? if so how about Sora? (天羽)

GOOD-AFTERNOON in Japanese Sign Language!
Two hands in the screen moving with each other, and the pretty girl named Sora is bowing to share the Japanese greeting.

Sora is a lovely character of Syuwa-No-Mori(Online in English), by Nintendo, the production was sold in 2009; but production was made by ISAO and star fish corp.

When you look at the movie, of course, the first thing you noticed were the two heads moving toward each other (The Japanese greeting), and hands moving in the air.

In the movie, the below dialogue were as follows:

Sora: My name is Sora. Nice to meet you. What’s your name?

Usausa: My name is Usausa

As many reviews of the production mention, “Anime’s sign doesn’t look like actual signing (such as lack of NMN/facial expressions), but is a good tool for us to learn”

The game, Syuwa-No-Mori, was created for the purpose of a communication software.
For the beginning signer, this software is wonderful because when you turn on the Nintendo DS, you will see the Forest of Sign Language.

The Forest of Sign Language is where you may learn new signs such as GOOD MORNING or GOOD-NIGHT among others.

The Cave of Sign Language is where you do pop-quiz for Japanese Sign Language.

Also, the game teaches emergency signs (like for earthquake) and shares stories in JSL.

In my opinion, Sora is too pretty to be a JSL teacher 🙂

ろう映画:The Hammer マット•ハルミさん

7 4月

この映画 タイトル The Hammerは
実際のストーリーに基づいて作られています。

マット•ハミル(Matt Hamill)というろう格闘家の生い立ちについてです。

俳優さんは、また別のろう俳優さんラッセル• ハーバードさんですが。

とにかく、映画の中のマットさん(格闘家)は、口話育ち

両親も健常者で、手話を知らないのですが
だからといって悪いとかどうのこうのではなく
あえて客観的、シンプル。

また色々なところから賞もらってます。この映画。

なぜかというと、マットさんが
カレッジ時代にレスリングの王者に三冠 (RIT卒業です)し
多くの人の感動を呼んだからです。

それだけでなく
カレッジ時代に
手話と出会い
未来の奥さんになる女性と出会い
ろう者としてのアイデンティティを得てゆく姿には
とても胸にくるものがあります。

人としての強さというか、大切なものもあると感じることのできた映画でした。

日本でも上映されると良いなと思いました。
なぜならば、格闘家としての生き方よりも
マット•ハルミさん自身の生い立ちに集中していたからです。

そして、口話法、手話法というありきたりなテーマというよりも
親の変わりないサポート、いつも支えていく家族の姿の大切さに気づかされるという感じだからです。

日本のみなさんにも是非、みてほしいです!(日本語がつけば)

人間としての

ろう者としての生き方
ほんとうに色々ありますね!

あなたの「へえ」が

今後につながりますように。

手話への愛 大切にしよう by アンドリューさん

7 4月
僕が日本にいる日本のろう者達に言える事、それは我々、みんな(ろう、聴者、難聴者)「世界的に手話でつながる共同団体である」ってことさ。もし私たちが働き合えば、私たちの共同体はもっと強くなれる。能力、非能力、聴くことなどに惑わされないで。私たちの本当のアイデンティティーは私たちの手話への愛からくるものなんだよ。日本手話パワーだ!!
My message to the Japanese Deaf people: All of us (deaf, hearing, hard-of-hearing, hearing) are part of the “Global Sign Language Community”. If we work together, then our community is powerful! Do not be distracted by ability, or non-ability, to hear. Our true identity comes from our shared love of Sign Language. JSL Power!
「ろう忍者!」”Deaf NINJA!” という手話動画が注目を浴びたのは今から5年前。
きっかけは、あるワークショップで「YouTubeに投稿してみなよ」と言われたこと
「ろう忍者」(Deaf Ninja)は、五年前から、facebookやtwitterなどのソーシャルメディアを通して
各地で紹介され、アクセス数は今や現時点、トータルで、クリック数、合計827.652(2012年4月 現時点)

いまでもアメリカのろう者から愛される手話動画のひとつ。
「僕は聴者だ。でも親がろう者だった。」
難しい年頃になった時に、ろう者との付き合いが増えたことがきっかけで、自分もやり始めたという手話
手話通訳/VRSというテレビ電話会社のマネジャー/通訳者養成講師などと
彼の略歴が語るように
彼の情熱はすべて手話という言語に関わる仕事に注がれてきた。

あなたの手話の名前(ネームサイン)は何ですか?

4 4月

このブログを読んでいるあなた

あなたの周りにろう者、手話を使いになられている方はいますか?
もしYESなら、その方はもう手話の名前(サインネーム)をあなたに言いましたか?

手話の名前、じつは奥が深いんですよ!

 

かつてSamuel James Supallaはネームサインについて、本を書いた。
”The book of Name Signs”という本であり、バークレ大学からである。

手話からくる名前には、おおまかにいって二種類にわかれると。

DNS (Descriptive)
ANS (Arbitrary)

日本には2種類ともありますね。

DNSがこちらのように
「山」プラス「川」という手話の例のように
なにかを説明するというような、Descriptive的要素をもつ手話です

またこちらもDNS

00:43のところに手話の名前があります。
このように特徴をつかむ手話の名前もDNSです。

(育児ママさんの動画です)

ANSはこちらのように指文字などの音声表記システムのサインなどが
一部、手話化された手話のことです。(制約によります)

手話の名前は00:23(カオリンのアメリカ手話の名前)と00:19(こちらは「ダニー」のアメリカ手話の名前の手話です)あたりです。
私はダニーとカオリンさんのコントが大好きです(笑)

日本のV-logや、動画などをみると、
どちらかというとDNS色が強いなぁとおもいますが
ANSも日本でけっこう見かけます。

みなさんのサインネームはどちら色かな?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。