月曜男がやってきた!

16 4月

月曜男がやってきた! English Versionはこちら

そのニックネームは、森崎興蔵(もりざきこうぞう)さんが
手話動画を作るために
静岡県聴覚障害者センター
足しげく通っていた時に与えられたという。

2006年の全国ろうあ者大会が開かれた頃である。

ブログをきっかけに全国に多くの知人ができた。人生つらいこともあったけれども、今が一番たのしい。全国の皆さんに、こんな「楽しい手話もあるんだよ」ということをわかってもらいたい。ネタに困る事もあるが、笑ってもらうととても嬉しい。

最近誕生日を迎えたという森崎さんは、生まれつきのろう者。
家族には妻と息子、娘、そしてハッピーという名の犬、ぼくちゃんという猫がおり、Cut in Kozoという理容を経営している。

2008年の毎日新聞でインタビュー記事にも載った事があるという森崎さんは
みんなを元気づける、笑わせるVlogを目標にしているという。(Blogという言葉に、ちなんでVlog=ビデオログと言います)

静岡県聴覚障害者情報センターのチーフである加藤さんは
森崎さんのたぐいまれなる手話力と人を引きつける才能に気づいた人の一人。
森崎さんに短編での手話動画をやってくれと依頼したというエピソードは有名。

静岡聴覚障害者情報センターのサイトそのものは2006年にスタートしているが
のちに手話用サイトが出来、そして最近では30万人の閲覧者を記録した。(2012年現在)

彼の手話、顔の表情、手話を知らない人でも分かりやすいマイム、見ているだけでも飽きない!

 

楽しんで!

 

以下の「野球で早い遅いの形容詞を表現した」動画を
ご覧下さいませ!

どれだけの手話が見つかったかな?

ピッチャー/ボール/
普通にボールを投げる
早く投げる
めっちゃ早く投げる

バッター/バッターをにぎる
早いボールをミスる/遅いボールをミスる

テーマ:早い 遅い

ちなみに彼の夢は日本全国各地で講演すること!

2012年4月から、NHKの目で聴くテレビにも出ていますよ!

Silence of Love: The Life Insurance’s commercial in Thailand

15 4月

In Asian countries, someone is more likely to be ashamed of oneself because of being deaf or having a family member with deafness.

This commercial describes the perspective of people in Thailand, and shows the importance of the bond of love for one’s own family.

Probably, it would be hard for you to image the old perspective of the deaf man, but it happens to most deaf people in the world.

This movie reminds me how difficult it is for many deaf people.

Each person has their own journey, yet what always stands strongly is love for others.

Like a beautiful bond such as that between the daughter and father in the clip.

Lance gives a dream to Japanese Deaf Basketball Players

14 4月

Please visit deafathletejapan (English Version)

There is the article about a pro deaf basketball player, Lance Allred.

Kaori Okamoto, the popular deaf blogger shares with us an interview given by Lance before one of his games.

Deaf basketball players meet with Lance!(In Japanese)

Here is the Japanese Deaf Basketball Association’s Fan Page, for follow up events 🙂

Cinematic ASL by Andrew: Deaf Ninja

12 4月
My message to the Japanese Deaf people: All of us (deaf, hearing, hard-of-hearing, hearing) are part of the “Global Sign Language Community”. If we work together, then our community is powerful! Do not be distracted by ability, or non-ability, to hear. Our true identity comes from our shared love of Sign Language. JSL Power!

In Japanese Version: Click here

It was 5 years ago when the“Deaf NINJA” [ろう忍者]!” started to get some attention.

His movie “Deaf Ninja” is one of the most loved ASL stories as the number of total clicks, 827.652 (2012, April) describes how popular it is.

When answering the question, “How did I start?”… “Why not YouTube?” someone told Austin while he was giving a NIC workshop for American Sign Language interpreters.

“I am hearing. But my parents are deaf”

As a grown person whom stand for himself with his native languages (English and ASL), he started to recognize the power of it language. As with his working history, it tells us his passion is for the language of American Sign Language.

As a blogger, Awti producer, and formerly working with several VRS providers, Austin says

For us, ASL community, we are united by sign language.

(Yeah, it is true most of time, and for most of us! That’s why I’m sitting here and writing this to share a wonderful story!)


“To unify the Global Sign Language Community”.

Currently, Austin runs his blog, and anyone may watch his performance when you visit.

Q: What’s the most motivation or goal for your production?

Austin’s  main goal for his ASL stories is shared with us

”Cinematic ASL” 「映画的な手話を」
This means using ASL in a specific way that looks like a movie, and he said

I have many friends who share information about Japanese culture with me. Japanese culture (movies, stories, anime) is filled with emotion and action, which makes it perfect for “cinematic ASL”!

Cinematic ASL

(CHAMP!!!)

About Cinematic ASL, go to visit his channel 🙂

Japanee Sign Language in Anime [Japan]

11 4月

Have you heard of Hatsune Miku? if so how about Sora? (天羽)

GOOD-AFTERNOON in Japanese Sign Language!
Two hands in the screen moving with each other, and the pretty girl named Sora is bowing to share the Japanese greeting.

Sora is a lovely character of Syuwa-No-Mori(Online in English), by Nintendo, the production was sold in 2009; but production was made by ISAO and star fish corp.

When you look at the movie, of course, the first thing you noticed were the two heads moving toward each other (The Japanese greeting), and hands moving in the air.

In the movie, the below dialogue were as follows:

Sora: My name is Sora. Nice to meet you. What’s your name?

Usausa: My name is Usausa

As many reviews of the production mention, “Anime’s sign doesn’t look like actual signing (such as lack of NMN/facial expressions), but is a good tool for us to learn”

The game, Syuwa-No-Mori, was created for the purpose of a communication software.
For the beginning signer, this software is wonderful because when you turn on the Nintendo DS, you will see the Forest of Sign Language.

The Forest of Sign Language is where you may learn new signs such as GOOD MORNING or GOOD-NIGHT among others.

The Cave of Sign Language is where you do pop-quiz for Japanese Sign Language.

Also, the game teaches emergency signs (like for earthquake) and shares stories in JSL.

In my opinion, Sora is too pretty to be a JSL teacher 🙂

ろう映画:The Hammer マット•ハルミさん

7 4月

この映画 タイトル The Hammerは
実際のストーリーに基づいて作られています。

マット•ハミル(Matt Hamill)というろう格闘家の生い立ちについてです。

俳優さんは、また別のろう俳優さんラッセル• ハーバードさんですが。

とにかく、映画の中のマットさん(格闘家)は、口話育ち

両親も健常者で、手話を知らないのですが
だからといって悪いとかどうのこうのではなく
あえて客観的、シンプル。

また色々なところから賞もらってます。この映画。

なぜかというと、マットさんが
カレッジ時代にレスリングの王者に三冠 (RIT卒業です)し
多くの人の感動を呼んだからです。

それだけでなく
カレッジ時代に
手話と出会い
未来の奥さんになる女性と出会い
ろう者としてのアイデンティティを得てゆく姿には
とても胸にくるものがあります。

人としての強さというか、大切なものもあると感じることのできた映画でした。

日本でも上映されると良いなと思いました。
なぜならば、格闘家としての生き方よりも
マット•ハルミさん自身の生い立ちに集中していたからです。

そして、口話法、手話法というありきたりなテーマというよりも
親の変わりないサポート、いつも支えていく家族の姿の大切さに気づかされるという感じだからです。

日本のみなさんにも是非、みてほしいです!(日本語がつけば)

人間としての

ろう者としての生き方
ほんとうに色々ありますね!

あなたの「へえ」が

今後につながりますように。

手話への愛 大切にしよう by アンドリューさん

7 4月
僕が日本にいる日本のろう者達に言える事、それは我々、みんな(ろう、聴者、難聴者)「世界的に手話でつながる共同団体である」ってことさ。もし私たちが働き合えば、私たちの共同体はもっと強くなれる。能力、非能力、聴くことなどに惑わされないで。私たちの本当のアイデンティティーは私たちの手話への愛からくるものなんだよ。日本手話パワーだ!!
My message to the Japanese Deaf people: All of us (deaf, hearing, hard-of-hearing, hearing) are part of the “Global Sign Language Community”. If we work together, then our community is powerful! Do not be distracted by ability, or non-ability, to hear. Our true identity comes from our shared love of Sign Language. JSL Power!
「ろう忍者!」”Deaf NINJA!” という手話動画が注目を浴びたのは今から5年前。
きっかけは、あるワークショップで「YouTubeに投稿してみなよ」と言われたこと
「ろう忍者」(Deaf Ninja)は、五年前から、facebookやtwitterなどのソーシャルメディアを通して
各地で紹介され、アクセス数は今や現時点、トータルで、クリック数、合計827.652(2012年4月 現時点)

いまでもアメリカのろう者から愛される手話動画のひとつ。
「僕は聴者だ。でも親がろう者だった。」
難しい年頃になった時に、ろう者との付き合いが増えたことがきっかけで、自分もやり始めたという手話
手話通訳/VRSというテレビ電話会社のマネジャー/通訳者養成講師などと
彼の略歴が語るように
彼の情熱はすべて手話という言語に関わる仕事に注がれてきた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。