Tag Archives: sign community

コーダについて

8 3月

コーダとは英語の略語CODAからきています。

Children of Deaf Adultsで、ろう親を持つ子供という意味になります。

 

ろうコミュニティの中で、CODA(コーダ)は耳が聞こえない親を持つ聴者の子供という意味で理解されているのですが

英語の直訳を見ると「ろう親を持つ子供」となるのでその意味で理解すれば、ろう児もコーダになります。私はコーダと言われたら、一応、聴者だよね?と確認を取るのですが、だいたいが聴児でろう児だったことはないです。ろう児だったらコーダという言い方をせず、ろう児っていうのがほとんどだと思うので、まぁ、それも驚くことでもないのですが。

コーダの誇りというタイトルの映画、時間のある時にご覧ください。

この映画はラチェルというコーダの子が全米高校映画コンテストのために作ったもので

みごとに優秀作をいただいたものだそうです。

以下、日本語訳です

 

(音のない状態で映像が流れる)
これはサイレントムービーではありません
これがどのようにしてろう者がこの世界を理解しているかなのです。
全てが視覚的で、雑音、色々な声、音はありません。

スクリーンショット 2016-03-07 13.15.48

私の名前はラチェル・ベアー、14歳
私の兄 ヤコブ、そしてサラという妹がいます。
そして私の耳が聞こえない両親、ジュリーとジョーイ
スクリーンショット 2016-03-07 13.21.11.png
私の兄妹はCODA(コーダ)
コーダとはChildren of Deaf Adultsの略語です。
ヤコブ、サラ、私はコーダとして、ろうコミュニティの中にいる多くのろう者と出会ってきました。
ベイエリアにあるろうコミュニティは広く、だからコーダのコミュニティーもそれに伴って存在しています。
 らt
コーダの誇りにもいろいろあって
例えば、マイケル・ベレスとシェリー・ヒックスによるハーフハーフのデュオに見られるソングーサイン(song-signing)
ハーフハーフとは半分が聴者で半分がろう者ということ
ではコーダのあり方について説明してくれるマイケルさんを紹介しましょう。
スクリーンショット 2016-03-07 14.18.27.png
こんにちは、僕はマイケル・ベレス コーダとして誇りを持っています。
コーダのことについて知っていない人が多いでしょう。
でも僕たちは
僕たち自身のことについて
このユニークなコミュニティーについて
誇りを持っています。
今日は君たちにそのことについて色々教えてあげるよ。

言語について

僕はコーダとして、アメリカ手話の中で育ってきたんだ。
アメリカ手話が第一言語で、英語が第二言語
ほとんどのコーダがバイリンガルで育ってきて
二つのコミュニケーションモード、つまり英語とアメリカ手話を日常で使っているよ。
スクリーンショット 2016-03-07 14.27.02.png
(ダンテ・ブルックス君)
僕の両親は(僕に)アメリカ手話を教えてなきゃいけなかったんだ。
でなきゃ、コミュニケーションが全く取れなかったからね。
もし教えてくれなかったら、もっと難しかっただろうね。
だって僕が覚えた最初の言語は(英語でなくて)アメリカ手話だったからね
スクリーンショット 2016-03-07 19.40.46.png
(ジャクソン アンダーソン コバック)
普通の人が英語を学んで育つように、アメリカ手話を学んで育ったんだ。
スクリーンショット 2016-03-07 19.40.27.png
(ダニエレ・モイヤー)
(アメリカ手話を)学習した覚えなんてないわね。
ただ、二つの言語を知っていて、そうやって育ったということは覚えてる。
これでアメリカ手話がわかる、英語がわかる、みたいな、そうやって気づいた瞬間なんてなかったわ。二つの言語を知っていて、そうして育ったのよ。
(ダンテ・ブルックス君)
ひとつ以上の言語を知っている今
普通に話すこともできるし、アメリカ手話を使うこともできる
ろう者とコミュニケーションをとるとき、 ろう者と話すときもやはり普通に話すことができる
それはやはり(僕が二つの言語を)両方知っているから

二つの言語の間で

スクリーンショット 2016-03-07 19.57.10.png
 (マイケル・ベレス)
 二つの言語を知っていることについてだけど、個人的にはアメリカ手話を使う方が好きで
それは如何してかというとやはりそれはアメリカ手話が僕にとってネィティブ言語だから
それは、英語と比べて、明らかに自然な成り行きだし
やはり一番使っていて心地がいい。
使っている時が一番、自分らしさを出せる。
それに(使っている時は)英語を使うよりも自分らしい様々な表現ができる。
スクリーンショット 2016-03-07 19.58.56.png
(ダンテ・ブルックス君)
英語よりもアメリカ手話を使う方が好きなんだ。
だってアメリカ手話が第一言語だし、使っていて心地がいいんだ。
スクリーンショット 2016-03-07 20.00.10
(ジャネット マックスウェル)
英語は社会的に使う言語です。でも手話は手話通訳者として職業的に使う言語です。
そして私にはあれよりもこれがいいという好みの言語がありません。
二つの言語を使って、コミュニケーションをとるということを楽しんでいます。
五分五分といったところかしら。
スクリーンショット 2016-03-07 20.06.51.png
(ジャロッド・モイヤー)
僕が思うに、英語かアメリカ手話を使う状況によると思うんだ。
友達と一緒にいる時は英語を使うだろうし。
スクリーンショット 2016-03-07 20.10.45.png
(ジェシカ・スマリオ)
私の兄弟は聴者だし、一緒にいる時は話すわ。
でもお父さんが部屋に入ってきたら、手話で話し始めるわ。
好みの言語なんてないわ。
でも私の育った環境と言語を見れば
(ジャクソン・アンダーソン・コバック)
僕の友人たちの多くは聴者だし、彼らはアメリカ手話なんて全く知らないよ。でも僕にとってはアメリカ手話を使う方が好きだな。自分らしい表現ができるし。

手話やろう者を知らない聴者たちのリアクション

(マイケル・ベレス)
コーダとして手話は自然なことなのです。私たちは日常生活で手話を見ています。
でもろう者にあったことのない聴者からにしたら、ろう文化について全く知らないし、手話についても全く知らないでしょう。だから彼らからにしたらそれは心地が良くないものかもしれません。
また、彼らの初めてろう者にであった時の彼らのリアクションは本当に様々でしょう。
(ジャロッド・モイヤー)
僕の両親がろう者だってわかったら、いつも色々聞いてくるんだ。
どうやってテレビを見るの?どうやって車の運転をするの?みたいな
(ジェシカ・スマリオ)
あ、ゴメンなさいって謝られるか、色々聞いてくる人もいるわね。
スクリーンショット 2016-03-07 20.34.02.png
(ジャネット マックスウェル)
点字が読めるの?
運転できる?
本当に見当違いの質問をしてくるのよ
私の両親には全く関係のないことなのよ。
手話について全く知らなくて、バイリンガルとは何かについて全く知らない人たちの考えることよね。
(ジェシカ・スマリオ)
聞いちゃいけないことを聞いたと思って
ゴメンなさいって謝ってくる人もいるわね
それでそれ以上何も聞いてこないのよ
(ダンテ・ブルックス君)
(変な顔をする)こういう風にリアクションすることが多いよ
スクリーンショット 2016-03-07 21.18.51.png
(ミキタ・バンダー・コートーエストラダ)
ほとんどがびっくりしたリアクションをする
だって私の(学校の)成績がいいから
ほとんどの人はろう者があんまり物事を知らないと思ってるの。

偏見

スクリーンショット 2016-03-07 21.28.05.png
(マイケル・ベレス)
ろう者に対するステレオタイプを持っている人は沢山いる。
多くの聴者はろう[deafness]を障害としてみなす。
ろう者たちは他の人たちと同様にコミュニケーションをとることができないと思っている人が多いのです。
でも実際ろう者であるということはそのように限定されていることではないのです。
彼らはろう者かもしれないが、だからと言って「静かな人」[silent]ではありません。
(ジャロッド・モイヤー)
自分の親が受け身だと思った事なんてないよ。彼らは自分の意見を持ってる。
両親ともに大学卒だし、良い教育を受けている。
(ダニエレ・モイヤー)
お母さんもお父さんもシッカリした人よ。
スクリーンショット 2016-03-07 22.00.28.png
(ミキタ・バンダー・コートーエストラダ)
ろう者だからと言って、馬鹿なわけじゃない。
私のお母さんは数学が得意で、私に数学を教えてくれるの。
(ジェシカ・スマリオ)
私のお父さんはとても賢い人よ。
大学へ行ったし、コンピュタープログラマーなのよ。
お母さんだって教育を受けたし
彼女自身で暴力を受けた女性のための非営利チャリティーだって作ったのよ。
彼女は全米で暴力を受けたろう女性のための声になってるのよ。
絶対にろう者だから受け身ってなわけじゃないわ。

二つの文化の中で生きる〜コーダという集族

スクリーンショット 2016-03-07 22.16.18.png

(マイケル・ベレス)
コーダであるということは
僕にとって集族の一部であることなんだ。
言語と文化に富んだ集族
そしてそれは(その集族は)僕の魂に根付いているんだ。
それはずっと変わらないことなんだよ。
無視できないことなんだ。
スクリーンショット 2016-03-07 22.17.16.png
(ジャクソン アンダーソン コバック)
聴者とろう者の両方の二つの文化に僕は属している。
それってすごいことだと思うんだ。
スクリーンショット 2016-03-07 22.22.52.png
ジャネット マックスウェル)
コーダであるということは私にとって重要なことよ。
自分の親を誇りに思う機会を与えてくれたわ。
おじさん、おばさん、従兄弟、そしておじいちゃんおばあちゃんもね。
みんなお母さん側の方でろう者なの。
だから自分の家族と繋がることができたし
それは自分の両親との繋がりについてもそうなのよ。
だから自分がコーダであることに誇りを持っているわ。
スクリーンショット 2016-03-07 22.24.38.png
それは聴者の世界でコミュニケーションをとるだけでなく
ろう者の世界においても(コミュニケーションをとるのを)助けてくれる。
スクリーンショット 2016-03-07 22.32.09.png
(ジャネット マックスウェル)
それに私はコーダであることを名誉に思う。
私たちのような人は多くないし、狭いコミュニティーの中だから
ろうコミュニティは密接につながっていて
私が思うにコーダ達も同様に特色を持ってつながっている。
私たちが作っている絆や繋がりは
親がろう者であるということや
同じような経験を共有しているから。
だからコーダであることを誇りに思う。

共有した経験

(マイケル・ベレス)
だから、もちろん
私たちはろう者の親を持つがゆえに
ユニークで、似たような経験を共有している。
(ジャクソン アンダーソン コバック)
時々、僕の義理の父がラジオをつけて踊り始めるんだけど
それがある時、ただの雑音だったんだ。でもそれでも彼は踊ってたんだよ。
ジャネット マックスウェル)
ろうの両親とろうコミュニティはとても近いもので、つながっているのです。
だから社会的な交流の場で、親が(友達と)あった時、なかなか帰らないのよ。
それは『ろう者式のサヨナラの仕方』[deaf goodbye]って言われてるの。
で、私の親はいつも「五分したら行くぞー」っていうんだけど
二十分経ってもまだいるのよ。
それでまた「あともう少ししたらいくぞー」っていうの
それで私たちが(コーダ)「早くしてよー」っていうんだけど
「わかった、わかった、あともう少しだから」って…
スクリーンショット 2016-03-07 23.02.22.png
(ダニエレ・モイヤー)
時々私のろうの両親についての面白い話をする時
どんな感じかって?
いつもこんな感じ。
私の親が通訳を頼んできたとき
でも私は通訳が全然ダメで
特にウェイトレスさんに対して
時々、お母さんがご飯にいちゃもんをつける時があって
でも私はこれが嫌で
だから私は「彼女はちょっと違うものが欲しいみたいです」
っていうの。
曖昧に言うんだけど
でもウェイトレスさんは
お母さんの(ご飯に対する)表情をはっきりと見れるわけよ
でも私は冷静に「おねがいします」って
ウェイトレスさん、またお母さんの怒った顔を見て、
私が「はい、お願いします」っていうのを見て
ウェイトレスさんが混乱してるのがわかるんだけど
でも仕方ないわよね(笑)。
スクリーンショット 2016-03-07 23.01.45.png
(マイケル・ベレス)
いつでも私たちはろう文化を、そして私たちのコーダとしてのアイデンティティを大切にしています。

 手話で自己紹介 そしてエンディング

(それぞれが各自、手話で自己紹介)
(場面変わり、三人のコーダの子供が音声英語で会話
親が部屋に入ってきた途端、みんなが手話に切り替える)

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。